地元オーナーが発信 8つの地方都市で話題のニュース:札幌

賃貸経営トレンド

札幌|Sapporo 50年ローンで若年層顧客の獲得を図る

2023年、北海道では釧路信用金庫(北海道釧路市)など地方を中心とした金融機関で、50年住宅ローンの取り扱いや商品の拡充が相次ぎました。現在では八つの信金・信用組合が導入しています。

少子高齢化で地域の過疎化が進み、金融機関ではローンだけでなく通常の預金の確保にも苦慮する傾向があります。住宅ローンは金利競争が激しく大きな利ざやは望めないものの、若年層の住宅資金需要の掘り起こしを図っているのです。

特に道内は元々の給与水準が低く、地価上昇が顕著な札幌市内では、マイホームの購入を躊ちゅう躇ちょする人も多くなっています。今回の長期ローンの設定は、20~30代にも顧客の裾野が広がるため、金融機関だけでなく住宅メーカーにとっても販売促進の観点から非常に喜ばしいことのようです。

金融機関によっては、返済期間が35年を超えると適用金利が高くなることがあります。また残債割れのリスクも高くなるため、50年ローンを組む場合、長期的な視点に立った厳しい目線での物件選びが重要になります。

30年冬季五輪・パラリンピックの招致の見送りなどが取り沙汰されていますが、50年後の北海道は、今以上に資産価値の高まる都市になることを願っています。

外村真美オーナー

(2024年1月号掲載)

一覧に戻る