室内洗濯機置き場は単身、ファミリーともに上位

 全国賃貸住宅新聞が毎年発表している「入居者に人気の設備ランキング」。2023年9月5~19日に全国の不動産会社を対象にアンケート調査を行い、512社から回答を得た。今回はその中から、絶対条件となる設備について見てみる。

絶対条件となる設備TOP5の5年間の変遷

■単身者向け物件

■ファミリー向け物件

(出所)全国賃貸住宅新聞社「賃貸住宅における人気設備アンケート」

エアコンが初登場1位

 「絶対条件となる設備」ランキングで、23年に単身者向け、ファミリー向けともに初登場にして1位となったのが「エアコン」。同年の日本の夏は、気象庁が統計を開始して以来の記録的な猛暑となった影響で、これまで一般的ではなかった地域でもエアコンの設置が求められる傾向が見られた。

洗濯機置き場が上位キープ

 単身者向けで23年は3位だったものの、19〜22年では1位をキープしていたのが「室内洗濯機置き場」。ファミリー向けでも、19年と20年は1位、21〜23年は2位と存在感を発揮している。洗濯機は室外に置くと本体が劣化しやすかったり、騒音の問題から使用時間が限られたりする。そのため比較的新しい物件では、洗濯機置き場が室内にあることが主流になった。

防犯対策として単身者に人気

 単身者向けで5年間連続2位だったのが「テレビモニター付きインターホン」。室内から来訪者の顔が確認できるため、1人暮らしが初めての学生や新社会人からのニーズが高い。
 ファミリー向けでも、21年に1位となったほか、5年間5位以内をキープした。

 「賃貸仲介・入居者動向データブック2024」では、「付加価値アップ設備」ランキングや地域別のランキングも掲載。さらに、「賃貸仲介件数ランキング」、仲介手数料、繁忙期の集客・成約データといった賃貸仲介の現場に即したオリジナルデータを紹介している。

賃貸仲介・入居者動向データブック2024

好評発売中!

全国賃貸住宅新聞社の調査による「賃貸仲介件数ランキング」と「入居者に人気の設備ランキング」をすべて掲載。賃貸住宅マーケットの今がわかる一冊です。ご購入は全国賃貸住宅新聞社のウェブページからお申し込みください。

定価:1万5000円(税込み)
発行:全国賃貸住宅新聞社
購入のお申し込みはこちらから

(2024年7月号掲載)

一覧に戻る