好きこそものの上手なれ:車愛好家の交流を生む

賃貸経営ストーリー

50畳の共用スペースが車愛好家の交流を生む

石川孝太郎オーナー(63)■愛知県豊橋市

 山梨県北杜市にある「八ヶ岳ガレージハウス」は、9戸のテラスハウス形式のガレージ付き賃貸住宅。無垢の床材などの天然素材を用い、分譲に負けない質の高い空間を提供する。入居まで1年近く待った入居者もいるほどの人気物件だ。だが、「竣工当時はまったく入居につながらずに苦労しました」と石川孝太郎オーナー(愛知県豊橋市)は振り返る。

▲「自分が楽しめるものをつくった」と話す石川オーナー

 3棟のマンションや貸地を父親から引き継いで経営する石川オーナーは、自身の代で「面白い賃貸住宅をつくりたい」と考えた。そこで、同じ趣味の人と共に週末を楽しめる賃貸物件を目指し、2016年におよそ3億円をかけて竣工した。八ヶ岳を選んだのは、自宅からも通え、東京からの客層も取り込むことができる立地だからだ。

 しかし、当時は多拠点生活やテレワークはごく限られた人々だけが行う生活スタイルだった。そのため、内見者も物件を見て感動するものの、契約にはつながらなかった。そこで、19年より家具・家電付き、かつ1カ月からの契約可能という条件に踏み切った。「まずは試しに入居してみて、気に入ればそのまま更新できるという形にハードルを下げました。また、家具・家電があれば気楽に住んでもらえると考えたのです」(石川オーナー)

 それに加え、新型コロナウイルスの感染拡大により、密を避けて都市部を離れた生活スタイルが広まったことが追い風となった。「竣工した8年前は、八ヶ岳で20万円弱の家賃帯などあり得ないと地元の不動産会社からは不評だった物件ですが、現在は同じようなコンセプトの賃貸物件が増えてきました」(石川オーナー)

▲シェアスペースであるクラブハウスは入居者同士が交流できる 

 同物件の特徴である50畳のシェアスペースにはまきストーブやワインセラーも完備。週末は石川オーナーもそこで入居者たちと趣味の話で盛り上がるという。「入居者は一緒に食事を取る仲間なので、入居前に私が直接会って話をし、どんな人物か見極めさせていただきます」と石川オーナーは話す。

 入居待ちが出ていることを鑑みて、隣地を購入してさらにガレージ付き賃貸住宅を展開していきたいと考えている。今後、八ヶ岳は車好きの楽園になるかもしれない。

▲全戸異なるタイプ 

(2024年1月号掲載)

一覧に戻る