地元オーナーが発信 8つの地方都市で話題のニュース:新潟

賃貸経営トレンド

Niigata|新潟 ペット向け需要、賃貸住宅にも波及大

新潟県内の企業に、ペット向け事業を拡大したり、ペット業界に新規参入したりする動きが出ています。ペットフードから旅行や家造りまで、キーワードは「高品質・高価格」。新型コロナウイルス流行の影響などでペット人気が高まり、出費をいとわない飼い主の「ペット愛」を背景に、ペット市場が広がりを見せています。

ドッグラン付きの一棟貸し宿泊施設(コテージ)や、犬専用の温泉もできています。総合リゾート事業を行うエンゼルグループ(新潟県湯沢町)は、スノーピーク(新潟県三条市)と共同で、愛犬と過ごせるキャンプ場を23年7月には開業。1泊10万円を超える価格設定でも、8月の稼働率は約8割でした。

新築注文住宅やリフォームを手がけるアンドクリエイト(新潟市)では、ペット向け住宅に関する情報の発信を強化。ホームページは施工事例が多数掲載しています。5月には、飼い主向け住宅相談会を初めて開催し、滑りにくい床材やキャットウオーク、ペット用の通行扉の設置などの注文があったそうです。

私が所有する貸家、アパートは基本的にはペットの飼育が可能です。現在、ペット可物件が市場には少ないですが、今後ニーズは高まりそうです。ペット可物件が当たり前になる日は、遠くないと考えます。

遠藤 健オーナー

 

一覧に戻る