注目の新築プロジェクト:2階リビングの高価格帯戸建て賃貸

土地活用賃貸住宅

2階リビングと作業台付き洗面・脱衣室 内見1組目で決まる高価格帯の戸建て賃貸

本宿2丁目戸建て1号棟・2号棟(埼玉県北本市)

清水元美オーナー (埼玉県北本市)

 JR高崎線北本駅から徒歩10分の場所に2棟の戸建て賃貸住宅を建てたのは、清水元美オーナー(埼玉県北本市)だ。隣接する2棟は、どちらも広さ148・40㎡の敷地に立つ、延べ床面積100・19㎡の木造2階建て3LDKで、リビングが2階にあることが特徴となっている。

 「滞在時間が長いリビングが2階にあれば、外からの視線を気にせず過ごすことができます」(清水オーナー) 今回の2棟は、清水オーナーにとって14棟目と15棟目の賃貸住宅(アパート5棟、戸建て10棟)。これまでの経験と知識を生かし、間取りには余裕と遊び心を持たせたという。

▲向かって右側が1号棟、左側が2号棟

 例えば、写真の左側の2号棟では、キッチン脇に2畳のワークルームを設けた。入り口の上部がアーチ形で秘密基地のような雰囲気があり、入居者は使い方を考えるのが楽しいだろう。

 また、2棟とも窓の下に作業台をつけた3・5畳の洗面・脱衣室を用意。物干し竿をかけられるフックもあり、浴室乾燥機を利用してランドリールームとして使うこともできる。

 スペースに余裕のある戸建てならではといえるのが、収納の多さ。どちらも大容量のシューズクローゼットがあるほか、主寝室のウオークインクローゼットは2~3畳、キッチンの後ろにはハンズフリーで開閉ができる扉が付いた収納庫も備え付けてある。

 「ファミリー向け物件に入居を決める家族は、女性の意見が採用されることが多いです。建築士の意見を聞きつつ、生活動線や部屋の雰囲気にも気を使いました」(清水オーナー)

 白系の壁紙をベースに、ドアやクローゼットの扉、アクセントクロスは青系にしてメリハリをつけた。また、フローリングは傷や汚れが目立ちにくい灰色とベージュを合わせたようなグレージュで統一。明るい中にも落ち着きがある絶妙なカラーバランスは、インテリアコーディネーターの資格を持つ清水オーナーだからこその配色だ。

 家の前の2台分の駐車スペースを含め、家賃はどちらも15万円。周辺相場より高い家賃だが、右側の1号棟は2023年の年末に竣工後約2週間で、2号棟は24年1月19日の竣工2日前に入居者が決まった。どちらも1組目の内見者だった。

 「2棟とも、入居者は子どもがいるファミリーです。見てもらえれば決まると思っていましたが、そのとおりになりました」と清水オーナーは話す。

 建築中、通りすがりの人に「販売日はいつですか」と聞かれたという同物件。清水オーナーのこだわりが詰まった戸建て賃貸は、入居者に「マイホームは不要」と思わせてしまいそうだ。

▲2号棟は、リビング奥の浴室から洗面・脱衣室を通りバルコニーに出られる

(2024年5月号掲載)

一覧に戻る