akippaとテラモーターズが提携 シェアリング駐車場にEV充電器

賃貸経営住宅設備・建材#Topics#EV#シェアリングエコノミー#駐車場#土地活用

EV充電器「Terra Charge」の設置イメージ

 駐車場予約アプリ「akippa(アキッパ)」を運営するakippa(大阪市)とTerra Motors(以下、テラモーターズ:東京都港区)が提携。akippaが運営する駐車場にテラモーターズのEV(電気自動車)充電器「Terra Charge(チャージ)」の設置を開始する。

 経済産業省は2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現に向けて、EV車およびEV充電設備の拡充を進めており、EV充電設備の設置数を30年までに現在のおよそ10倍となる30万口とする目標を掲げている。社会的にもEV充電インフラへの関心や需要が高まっているタイミングでの提携だ。

 akippaは、個人宅の車庫・空き地などの空きスペースを有効活用する駐車場のシェアリングサービスを提供している。一方、テラモーターズは集合住宅へのEV充電器の設置に力を入れてきた。両社の提携により、akippaの駐車場オーナーに対しTerra Chargeの設置が進めば、自宅に充電器を設置できないEVユーザーが充電できる場所が増え、駐車場の利用者にとっては利便性向上が見込める。

 駐車場オーナーのメリットも大きい。akippaの駐車場オーナーは工事費用や初期費用、月額費用などが無料でEV充電器を駐車場に設置することができる。

 活用シーンとして、イベント参加時や旅行先などでの充電はもちろん、自宅近くの充電スポットといった日常使いも想定しているという。住宅地に駐車スペースが豊富なakippaの強みを生かせる見込みだ。両社は、今回の提携によりEV充電が可能な駐車場を全国に増やすことで、EVの普及に貢献できると考えている。

この記事の続きを閲覧するには
会員登録が必要です

無料会員登録をする

ログインはこちらから

一覧に戻る