ランドセット(売り建て住宅)とは メリットデメリット

ランドセットは、所有地以外で賃貸住宅を新築したいオーナーにとって、土地を探す手間がかからず、新築できるメリットがあります。

しかし決して利回りが高くないので、土地・建物選びに失敗してしまうと資産を減らすことにもなりかねません。

ランドセットで購入する場合のポイントを「家主と地主編集部」がまとめました。

\年間購読料9,500円/
(送料・税込み)

ランドセットとは

ランドセットとは、売建住宅、建築条件付き土地販売との呼ばれ、建築を請け負う会社が土地を探し建物とセットで販売することを言います。

比較

ランドセットと、土地を探して新築を建てる場合、所有地に新築を建てる場合を比較しました。

ランドセット 土地を探して新築を建てる 所有地に新築を建てる
費用 土地代分高い 土地代分高い 建築費のみ
利回り
立地 個人では購入できない土地を購入できるメリットがある 立地の良い土地の情報収集に労力が必要 所有地による。立地が悪いケースもある
管理 建築会社によるサブリースを選べる 管理会社は自分で探す 建築会社への管理委託か、他の会社への委託を選べる
家主の手間 手間が掛からない。個人で購入できない土地を購入可能 自身で土地から建築会社まで探す手間が掛かる 建築会社を自身で探す必要がある

 

所有の土地や購入した土地に建物を建てる場合は、土地探しや建築会社まで探す手間が掛かりますがランドセットの場合、土地探しや建築会社を探す手間が掛かりません。 

ランドセットには以下のメリットがあります。

  • 土地探しの手間が省ける
  • 不動産は市場調査をすればリスク管理ができるが、時々外れることもある。誠実な会社のランドセットはそこを補ってくれる
  • 為替リスクもなく一定のリターンがあることを考えると決して悪くはない

デメリット 

  • 投資金額が高い
  • 利回りが中古不動産よりも低い 
  • 会社選びを誤ると借入返済に苦しむ

ランドセットは購入する会社選びが重要です。売っておしまいという会社なのか、売った後も管理を受託し、継続的利益を得ることを考えて建物を建てているのか。また売却するときの資産価値も計算する必要があります。

\年間購読料9,500円/
(送料・税込み)

【電子書籍の場合、紙と比較してかさばらない上に、

年間購読料と同じ金額で、2021年からの号がすべて読み放題!】